美容皮膚科の今後

美容皮膚科は審美的要素と皮膚科的要素が混合された形で成り立っていますが、元より一般皮膚科では美容外科が医療とはかけ離れた“ビジネス”へ傾いている事に批判的意見が多く、特にしみやしわなどアンチエイジング治療に対しても大変懐疑的な見方をされていたのです。

しかしながら男女共に世代に関係なく美容外科やエステ利用者が急増しており、より安全で信頼できるクリニックを希望する声も日増しに増えていった事も事実ですし、実際に処方を受けた患者の多くが長く抱えてきたコンプレックスから解放されて前向きで安定した生き方ができるようになっています。

美容手術が単に外見を整えるだけではなく精神的安定をももたらしている事を見ると、美容手術がもたらす効果の大きさを認めざるを得ないのです。しかしながら皮膚科としての姿勢はあくまでも科学的見地から根拠のある治療でなければならないというものです。美容外科との重複部分も大部分ある事から、共存しつつ美容皮膚科としての独自性をいかに出していくかが今後の課題として上がっています。

同時に社会的信頼を維持していくためにも、健全な資格制度の確立も急務です。多種多様な課題や問題を抱える美容業界ではありますが、社会のニーズは今後もますます高まっていく事が予想されます。

美容外科との違い

美容外科の原型は形成外科ですからところによっては“美容形成外科”と呼ばせるクリニックもあります。その名の通りシミにはレーザー、しわならフェイスリフト、ダイエットなら脂肪吸引、さらに豊胸手術、美肌にはヒアルロン酸注入というようにメスや各種最新の医療機器を活用して、アンチエイジング対策をしていくのが主流です。

確かな技術を持っている医師の元での治療が求められていますが、残念ながら悪質なクリニックがまだある事は否定できませんから利用の際にはしっかり確認をしておく事が重要です。実際に死亡事故や重篤な事故も起きていますし、経費もかかりますから賢明な人はエステでじっくり時間をかけて美肌作りに励んでいます。個人差があって何年通院しても効果が期待できない事もあるなどリスクは大きいのですが、身体各所でコンプレックスがあって何とかしたいと思っている人にはおすすめです。

美容皮膚科の元は皮膚科ですから肌トラブルを根本的に解決したい人に向いていますし、お肌細胞に関わる治療をメーンにしている関係上、メスを体に入れるケースはむしろ少ないと考えて正解です。たとえばしみ治療に関して美容外科なら、レーザー治療を施されるケースが一般的ですが、多くの美容皮膚科でクリニック独自の治療法や、痛くない治療を比較的手軽な経費でしてくれますから、それだけでも安心ではないでしょうか。

美容皮膚科って何

今回は“美容皮膚科でできる事”についてのお話です。メディアに取り上げられた事で話題になった分野ですから、一度くらいは名前を耳にした事があるという人は多いかと思われますが、いまいちよくわからないという人も含めて美容皮膚科では、どのような治療がなされていてどのような効果を期待できるのかをあらためて確認してみます。

昨日きょうできたというものではなく、1987年には研究会が発足していて2000年過ぎる頃には、すでに会員が余裕で1000人越えている状態でしたから、歴史だけを見ると創立13年ほどのキャリアになる、お肌のスペシャリスト軍団です。お肌の専門家なら美容外科がありますし、癒し効果を期待するならエステがありますから、わざわざ皮膚科にいかなくても良いのにと思えます。もちろん皮膚治療はあくまでも皮膚科専門医ですから主要診療項目にしっかり入っていますが、それ以外にメスを使わずに皮膚細胞内で起きているお肌トラブルの要因を科学的な目で分析して、根本から治療およびお肌全体の健康を回復させる事を使命としています。

一般皮膚科では処方されない薬剤も自由診療である美容皮膚科なら、お得に処方してもらえます。美容皮膚科がめざしているのは“根拠のある美肌作り”なのです。実際美容外科は即効性のある美肌治療およびアンチエイジングという点で、多く利用されていましたが大変高額費用となりますから、利用するにはそれ相応の覚悟と決意が必要だったはずですが、多くの美容皮膚科クリニックを見る限り、敷居の低さを感じさせます。